「“信頼と言う器から愛をだしたい” そちらを選択しようときめました。」

● 「“信頼と言う器から愛をだしたい” そちらを選択しようときめました。」

こんにちは、井上貴美です。

「ご主人の生涯最愛の妻となる魔法のテクニックセミナー・ダイジェスト版」に再受講でご参加いただきました方から年末にメールをいただきました。

その内容が、とても美しい言葉で感動しました。

ぜひ、みなさまにシェアさせていただきたく、ご紹介いたしますね。

ありがとうございます(^^)

12月のセミナーに再受講させていただいた後届く
****メールは、

本当に良い刺激になっております。

私は

“信頼と言う器から愛をおくる”

と、***に書かせていただきました。

どうしても、これまでの癖や
人である以上

心配や不安を無いものにはできません…

でも、心配や不安と言う土台から
発信している自分を見つけ

そこから無意識に飛び出す否定的な言葉が

又心配や不安を引き寄せていたのかな?
と思うと、

私は、

心配や不安からではなく

“信頼と言う器から愛をだしたい”

そちらを選択しようときめました。

そう、自分で決めて、
そうすれば良いんですよね♪

幾度となく堂々巡りを繰り返し
改めて

自分に、心に刻んで

新年を向かえさせていただきます。

では、1年間ありがとうございました。

魂から出ているような、お言葉が並び、素晴らしいな、と思いました。

誰からというのでなく、ご自身で決めていく、そのことをセミナーでも、自分の足で立つ、という表現で皆さまに、お話しいたしました。

ご感想くださった奥さまは立派に、ご自身の足で立ち、自分の選択に自信をもっておられる姿が私も、とても嬉しいです。

ご参加くださった方へは、セミナー後も、内容に関連したメールを、しばらく、お送りしています。

受講後も聞くだけにならないで行動に取り入れていただけて有りがたく思います。

人生80年の時代です。

これからも、ご夫婦の歩みは、まだ続きます。

今後の心の在り方を考えるきっかけになれば幸いです。ありがとうございました。